株式会社名古屋画廊

qrcode.png
http://www.nagoyagallery.co.jp/
モバイル版はこちら
 

 
株式会社名古屋画廊
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄一丁目12番10号
TEL.052-211-1982
FAX.052-211-1923
E-MAIL.nagoya@nagoyagallery.co.jp
 
このホームページで使用している作品画像、文章の著作権は、すべて弊社に帰属します。
219179
 

展覧会のご案内

 

企画展開催スケジュール

企画展開催スケジュール
 
2014年11月21日(金)-11月29日(土) 遊馬賢一展
2014-09-25
《サントリーニ》80号
遊馬 賢一 展 KENICHI ASUMA
-「もう一歩先を」求めて-
11月21日(金)-11月29日(土)

「もう一歩先を」求めて―遊馬賢一展によせる
 取材中、何度か「もう一歩先を」「この奥に何か・・・」という言葉が聞かれた。穏やかで明るい画風の裏に、飽くなき探究心が背骨となって蟠踞しているのだ。かなりの一徹者である。自然と真摯に向かい合い、それを一期一会と心得て、見えるがままの自然から何を感じるのか、何が自分の美感に語りかけてくるのか、その瞬時を水彩であれ油彩であれ掴みとり、時が経て十分に醸造されて自分の感性と、そして大事なことは理性が納得できる色と形に昇華して表現する。「見て、感じ、表現する」ことは画家にとって当たり前のことではあるけれど、風景に対峙するたびに当たり前の原点に立ちかえっていることで、遊馬さんの作品が、見る者にその場に立って眺めているような臨場感をもたらせるのであろう。感性と理性のバランスが、作りものめいて見えず、自然に感入する感性と造形・構成する理性の融合・昇華が自然(対象)のリアリティを滲み出させてくるのだ。
 《サントリーニ島》は石の街である。空や光の様子から秋であろう。色彩画家と称される画家にしては色彩が乏しいと一見思われるかも知れない。しかし良く見て欲しい。櫛比する家々の白、グレーからベージュの色のニュアンスの豊かさを、そして点綴された赤、青、セピアが基調となる色の豊かさを強め、緑の木立がアクセントとなる。抑制された豊潤さ、とでも言えようか。
中野 中(美術評論家)
 
略歴
1950/埼玉県生。75/愛知芸大(鬼頭鍋三郎教室)卒。79~84/名爽会展(名古屋画廊)。81・83/セントラル絵画大賞展(セントラル美術館/銀座)。87~2012/個展12回(ギャラリー和田/銀座)。89/東海記念病院壁画制作(春日井市)。90~09/個展6回(名古屋画廊)。94~96/和の会展招待出品(和光/銀座)。96~10/光の会展(和光/銀座)。98~/笠の会展(松坂屋/名古屋)。07~/立軌展。
現在 立軌会同人。
 
 
2014年11月8日(土)-11月15日(土) 森本秀樹展
2014-09-25
《森の中の採石所》30号
森本 秀樹 展 HIDEKI MORIMOTO
-「昭和」という時代への挽歌-
11月8日(木)-11月15日(土)

没後30年伊藤廉展に寄せて
 森本秀樹が描く風景画の数々は、曾(かつ)てこの分野に新境地を切り開いた日本画家・小野竹喬の画業と並び称されるものとなるだろう。森本はこの国のさりげない風景の中にある美しさを澄んだ眼差しで掬(すく)い上げていた。これら森本の静謐な風景画の前に佇む時、郷土である宇和島を介してこの国の風土を讃える彼の想いが静かな歌となって響いてくるかのようだ。なんとそれらは懐かしさに包まれていることか。しかしながら彼の描く風景画は単なるそれではない。昨今の作品にもまま散見する「採石所」や「機関区」・「造船所」等々は人々の永きにわたる営みや汗、命を繋(つな)ぐ労働への視点が垣間見える。そして、それが潰(つい)えて行くことへの愛惜の情が惻々として心に染み入るかのようだ。森本が人生の大半を過した「昭和」とはなんであったのか。彼はそれら潰(つい)えていく風景を描くことで「昭和」という時代への挽歌を歌おうとしているのである。
御子柴 大三(美術評論家)
 
略歴
1951/愛媛県宇和島市生。71/武蔵野美術短期大卒。90/上野の森美術館大賞展(92/賞候補、93/佳作賞)。91・92/昭和会展出品。91~2006/個展(GALLERY銀座汲美/東京)。99・01/NICAF出品(GALLERY銀座汲美・GALLERY219/東京)。02/コレクターによる「ぼくらの森本秀樹展」(K`sGallery/東京)。03/森本秀樹画集刊行。05・06・08/個展(新潟絵屋)。06・08・12・14/個展(GALLERY 島田/神戸)。09・11/個展(Gallery KANI/東京)。07/森本秀樹展(東御市梅野記念絵画館/長野)。08・11/個展(名古屋画廊)。10・12・13・14/個展(ギャラリーゴトウ)。13/個展(フォルム画廊)。
現在 無所属
 
 
2014年10月30日(木)-11月6日(木)没後30年伊藤廉展
2014-09-25
《無花果と壺》1979年 墨・紙
没後30年 伊藤 廉 展 REN ITO
-西洋絵画に東洋の美意識-
10月30日(木)-11月6日(木)

没後30年伊藤廉展に寄せて
 伊藤廉著『絵の話』『デッサンのすすめ』は、世代を超えて多くの人達に読み継がれています。私もその一人で改めて美術の伝統の重みと手仕事の大切さを知りました。
 愛知芸大が開学してからは、伊藤先生のもとで更に教わる事の多い日々を過しました。新しい学園作りに献身しながら、創作にも意欲的で近辺の風景や静物画等数々の作品を残しています。西洋絵画との深い関りに東洋の美意識を加え、後期の作品にはロマネスクやビザンチンの様式も視野に入れた画境の深まりを見ることが出来ます。
 伊藤先生の評価にはまだ暫く時を要しますが、今回の展覧会は碧南市藤井達吉現代美術館の「もうひとつの『絵の話』伊藤廉」展と合わせて、先生の画業を辿る貴重な機会になると思われます。
 名古屋画廊創業者の中山一男さんと伊藤先生とは、強い信頼の絆で結ばれており、それは現社長の中山真一さんに受け継がれております。今回展覧される作品を通して、生地の名古屋で先生が創作と教育に情熱を傾けておられた頃がなつかしく思い出されます。
笠井誠一(画家・立軌会同人)
 
略歴
1898/名古屋市生。23/二科展初入選。25/東京美術学校(現・東京藝大)卒。27~30/滞欧。30/第17回二科展〈二科賞〉。31/独立美術協会創立会員(37年退会)。43/国画会会員(73年退会)。46/東京美術学校講師。54/教授。61/美術学部長。66/愛知芸大教授・美術学部長。68~82/綾杉会展(名古屋画廊)。70・77・82・89・98・2009/名古屋画廊個展。83/逝去(84歳)。
 
 
*2014年11月1日(土)-11月12日(月)
「もうひとつの『絵の話』伊藤廉展」(碧南市藤井達吉現代美術館)
 
 
2014年10月21日(火)-10月28日(火)中島佳子展
2014-09-25
《ぶどう棚風景》100号
中島 佳子 展 KEIKO NAKASHIMA
-吹き抜ける風の音-
10月21日(火)-10月28日(火)
 
ぶどう棚の連作について
 私がアトリエ近くのぶどう園を描ていたのは、1977~93年である。どこにひかれたのかと聞かれて、枝の動きが面白いとか、鉄線が美しいとか答えてはみるが、どうも的を得ない。言葉には出来ない何かが、私をひきつけていた。
そして、それは一体何なんだろうと思うことが、私に絵を描かせていたような気がする。ある時、ぶどう棚を吹き抜ける風の音であったり。またある時は、皮のむけた幹の白々とした人膚のような感触であったり、苦しみ嘆く人の姿であったり、からまり合う枝からもれる叫びであったりと、全くとりとめもなく混沌としていた。
遠くからの眺めは紬のように美しく静かだが、近くで見れば、生々しい生物のように生命感に満ち満ちていた。人間以上に人間くさい表情をしている樹なのである。
「禅と美術」これが私の卆論のテーマであった。東洋と西洋の空間感覚の捉え方の違いを追及したものである。ぶどう棚以降、制作の題材は変わっていったが、空間のこだわりは、今も変わっていないことに驚いている。
中島佳子(主体美術協会会員、風景の会同人)
 
略歴
1936/名古屋市生。59/愛知学芸大(現・愛知教育大)卒。58~61/自由美術展。74~/主体展。77~79/主体展<佳作作家>。80/主体美術協会会員。83/安井賞展<賞候補>。84/安井賞展。84~86/国際形象展。86/日本絵画代表展(モントリオール市/カナダ)。87/風景の会展会員。88/日本絵画代表展(ダンディ市/スコットランド)。89/尾張百景絵画展(名古屋城)。92/東海の作家たち展(愛知県美術館)。95・2003/現代美術選抜展(文化庁)。
現在 主体美術協会会員、風景の会同人
 
 
2014年10月6日(月)-10月9日(木)鈴木三五郎展
2014-08-31
《自画像》1921年
鈴木 三五郎 展 SANGORO SUZUKI
10月6日(月)-10月9日(木)*最終日は4時まで
 
 鈴木三五郎は、1902年(明治35)愛知県幡豆郡一色村(現・西尾市)に生まれ、愛知県第一師範学校(現・愛知教育大学)や東京師範学校(現・筑波大学)を卒業して、戦中から愛知県第一師範学校の教官となりました。その間、1933年(昭和8)帝展で初入選を果たして以来、翌34年(昭和9)の連続入選、1936~43年(昭和11~18)の新文展連続入選など中央画壇で数々の栄誉に輝いています。
 その制作は、自らを深く見つめる初期の自画像から、やがて緑をゆたかにつかった風景画や静物画など健康的で創造力あふれるものへと生涯にわたり展開されていきました。
 本展では、鈴木のそうした作品群を中心に、緑ゆたかな自然に親しみ、すぐれた芸術として制作してきたかを見るものです。
  
略歴
1902現・西尾市生。現・愛教大卒、現・筑波大卒。33・34帝展。36~43新文展。49愛教大教授。85逝去(83歳)。
 
2014年9月26日(金)-10月3日(金)没後20年西村千太郎展
2014-08-31
《納屋橋風景》1930年作
没後20年 西村 千太郎 展 SENTARO NISHIMURA
-「日本的フォーブ」から20世紀の人間像へ-
9月26日(水)-10月3日(金)*最終日は4時まで
 
西村千太郎:「日本的フォーブ」から20世紀の人間像へ
 岸田劉生の草土社に対抗して大澤鉦一郎を中心に結成された「愛美社」、モダン都市・名古屋が本格化する時代の波に乗って、松下春雄、鬼頭鍋三郎らが結成した「サンサシオン」に続いて、1928(昭和3)年、西村千太郎(1907~1994)は鈴木不知の洋画研究所に学んだ仲間(尾沢辰夫など)とともに「フォーブ美術協会」を結成した。翌年には1930年協会展と二科展に初入選。1930年には帰郷した二科会員・横井礼以のもとに「緑ヶ丘研究所」を開設。これ以降、二科会の画家として生涯活動した。
 戦前は、「日本的フォーブ」と呼ばれる情感に溢れた流麗な筆致で、佐伯祐三のパリ風景のように、名古屋の都市風景を描くとともに、シュルレアリスム絵画に刺激された不可思議な日常の光景を描いた作品を制作した。戦後は、激動する社会のなかで生きる20世紀の人間像を大局的な観点から諷刺的に描いた。
 名古屋の二科会の代表作家である西村千太郎の没後20年を記念する回顧展は、名古屋画壇の豊かな歴史を改めて伝えてくれるに違いない。
山田諭(名古屋市美術館学芸員)
 
略歴
1907/名古屋市生 27/春陽会展 29/1930年展。二科展初入選 30/全関西展〈朝日新聞社賞〉 53/二科展〈二科賞〉 61/二科会会員 94/逝去(87歳)
 
2014年9月17日(水)-9月24日(水)吉川三伸展
2014-08-31
《一九四〇追憶(二)》1976年作
吉川 三伸 展 SANSHIN YOSHIKAWA
-日本の土に立脚したシュルレアリスム-
9月17日(水)-9月24日(水)
 
日本の土に立脚したシュルレアリスト  
「人に愛がなかったら生きることはもっと楽だ」1941年の戦時下、シュルレアリストが特高に理不尽な弾圧を受け、吉川三伸は名古屋・江川署に10か月間拘留された。これはその獄中での言葉だ。50年代には「ノーマンロード」と題された作品が多作されるが、それは文字通り「人のいない道」であり、彼によれば、無人で宇宙を突き抜けてゆくロケットのような「人間疎外の社会批判」が込められている。戦後には、貧困のなかで最愛の妻を亡くし、5人の子供たちを抱えて「逆境のなかでふとわが子をおぞましく」思ってしまった恐ろしい自分に身震いし、それゆえ彼は、人間の深淵にある生と死について深く考察し、「人はみな土に生まれ…土に消滅する」という考えにいたる。その土は「自分の周辺の土」、すなわち日本の土でなくてはならなかった。それが日本的思考を強めることになり、「穢土浄土」や民話シリーズに結実し、吉川の芸術表現のひとつの頂点を示した。晩年の10年、死の前年まで描かれた「一九四〇年・追憶」のシリーズは、冒頭に記した留置所での記憶が基となっている。独房の格子窓からは、時にはおぞましい視線が、時には美しい光が差し込んでいる。前者の強い視線は看守(社会)の狂気の眼であろうが、またそれは吉川自身の社会に対する告発の眼差しともとれる。一方、美しい光は、真に生きる自由を後世に繋ごうとする、彼の一条の光ではなかったか。彼は愛があるがゆえに、どんな状況下にあっても屈することなく、穢れることなく描き続けた。こうして吉川は、日本の土に立脚した唯一のシュルレアリストとなった。
村松和明(岡崎市美術博物館学芸員)
 
略歴
1911/名古屋市生 31~32/在東京。三岸好太郎らと出会う 36/アバンガルド12月展 37/トルピ展 38/独立美術展。ナゴヤアバンガルド展 40/美術文化協会展〈美術文化協会賞〉41~42/名古屋・江川署特高課に拘引 48/美術文化協会会員 53/抽象と幻想展―非写実絵画をどう理解するか(東京国立近代美術館) 58/第1回新象展 76/「一九四〇年追憶」シリーズを開始 85/逝去(74歳)
 
2014年9月9日(火)-9月13日(土)生誕130年 島田卓二展
2014-08-31
《風景》1911年 72.5*97.5㎝
生誕130年 島田 卓二 展 TAKUJI SHIMADA
-新派の陽光を東三河へ-
9月9日(火)-9月13日(土)*最終日は午後4時まで
 
島田卓二展によせて
 明治・大正の日本洋画界を牽引し、近代洋画の父と仰がれた黒田清輝。この黒田の書生として洋画を学び愛知県に広めた一人に東三河の島田卓二がいる。
画家を目指して上京し白馬会の葵橋洋画研究所に学んだ島田は、白馬会展や文展、光風会展に出品し、国民美術協会の設立にも参加した。次第に婦人雑誌の口絵なども手がけるが、大正13年の関東大震災で愛知へ帰郷している。
 その後は豊橋や名古屋松坂屋での個展など郷土での活動が中心となり、また洋画の普及にもつとめ、豊橋洋画協会の設立や、郷里の高校等で教鞭をとった。
 作風は新派(紫派)と呼ばれた黒田譲りの明るい外光派の色彩を踏襲し、屋外での制作を重んじ、渥美半島や湯谷渓谷などに出向いては景勝地等をよく描いた。また愛知県美術館蔵《放牧》のように戦中の物資不足の折には手製の紙キャンバスを作成する工夫も見せた。愛知洋画界の黎明期に活躍した島田の画業が再考されることを望みたい。
森田靖久(豊川市桜ケ丘ミュージアム学芸員)
 
略歴
1885/愛知県(現)豊川市生。1905/上京。黒田清輝の書生に。12/第6回文展に初入選。24/関東大震災のため帰郷。26/豊橋洋画協会を結成。46/逝去(61歳)。
 
2014年9月2日(火)-9月6日(土)生誕110年 市野長之介展
2014-08-31
《バザーの楽器点》1929年
生誕110年 市野 長之介 展 CHONOSUKE ICHINO
-フォーヴィスムの名古屋-
9月2日(火)-9月6日(土)*最終日は午後4時まで
 
(市野長之介君のこと)
 大正末より昭和初期にかけて、名古屋は、美術の歴史的展開の上で、注目すべき時期を迎えていた。それは、実に壮麗な時代でもあった。固いひからびた旧派にかたまった綜合展である東海美術展に飽き足らない若い新進作家たちがめざましい活動を展開した。市野長之介君は、その一つのアザミ会に属していた。
 その頃から最近の二紀会にいたるまでの画歴は、まことに注目すべきものがある。地味で含みのある色と造形、華やかさが重厚のヴェールをかけて、ムックリした素朴な内面、終始一貫した素朴な作風、地味であるが親しく話しかけてくる作品の数々は、他の追随を許さぬものであった。独自の芳香を感ぜしめる。だから作品に対していると、いつまでも飽くことがない。自然に画中の中に溶け込んでしまっている。
 市野さんはそんな作家である。今の多くの作家のように新らしい感覚もなく、真の意味の美の創造もわからないくせに、無暗に奇を衒うとういようなところが微塵もない。
熊澤五六(徳川美術館名誉館長)
*『画業50年 市野長之介自選展』(1979年、松坂屋本店)図録より抜粋。
 
略歴
1905/名古屋市生 29/二科展初入選 35/全関西洋画展〈朝日奨励賞〉 41/二科展〈後援会賞〉 42/二科会会友 46/二紀会創立同人 48・55/二紀展〈同人賞〉 75/二紀展〈鍋井賞〉 87/逝去(82歳)
 
2014年8月19日(火)-8月30日(土)山田彊一展
2014-08-01
《太郎と花子No.1》1968年
山田 彊一 展 KYOICHI YAMADA
-若き日の挑戦と情熱の息吹-
8月19日(火)-8月30日(土)*最終日は午後4時まで
 
山田彊一展によせて
 昨年はメキシコ、そして今年はニューヨークと、今もエネルギッシュに活動を続ける山田彊一氏。今回の展覧会は、そんな山田氏の若き時代(1960年代)の作品、〈波羅門〉シリーズと〈現代餓鬼草子〉シリーズを展観するものだ。
 山田彊一というと、1970年愛知県文化会館美術館で起きた「ゴミ事件」の裁判で見せた行動があまりに有名だが、それ以前すでに愛知教育大学美術課在学中に春陽会展に入選したり、ニューヨークでの「日本のアーティスト選抜14人展」に最年少で選ばれるなど、華々しい活躍をしていた。山田氏の芸術家としての原点は60年代にあるといってもいいだろう。
 その意味で本展は、現在まで多彩な活動を続けている山田彊一氏の、若き日の挑戦と情熱の息吹に触れる貴重な機会であり、まことに興味深い企画である。また氏自身にとっても、自らの初期の仕事を振り返ることによって次なる展開への契機になるにちがいない。今後の新たな作品の創造に期待したい。
神田真秋(愛知芸術文化センター総長)
略歴
1938/名古屋市生 59/愛教大卒 64/「日本のアーティスト選抜14人展」(ニューヨーク)に最年少出品 67/シェル美術賞展〈佳作賞〉 85/和歌山版画ビエンナーレ〈大賞〉86/IBM絵画コンクール〈大賞〉 収蔵:愛知県美術館ほか 著書:『名古屋力 アート編』ほか
<<株式会社名古屋画廊>> 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目12番10号 TEL:052-211-1982 FAX:052-211-1923