株式会社名古屋画廊

qrcode.png
http://www.nagoyagallery.co.jp/
モバイル版はこちら
 

 
株式会社名古屋画廊
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄一丁目12番10号
TEL.052-211-1982
FAX.052-211-1923
E-MAIL.nagoya@nagoyagallery.co.jp
 
このホームページで使用している作品画像、文章の著作権は、すべて弊社に帰属します。
225715
 

展覧会のご案内

 

企画展開催スケジュール

企画展開催スケジュール
 
2015年4月17日(金)-4月25日(土) 笠井誠一展
2015-03-20
《夕顔とりんご二ツ》2014年作 8号
「フランス留学記」出版記念
笠井 誠一 展 SEIICHI KASAI
-「簡潔で平明な世界へ」-
4月17日(金)-4月25日(土)
 
レセプション:初日530p.m.-700p.m.
笠井先生を囲んでレセプションを開催いたします。
皆様のご来駕をお待ち申し上げます。
 
笠井誠一の画風を形づくってきたもの
 今年、笠井誠一の大規模な回顧展が、生まれ育った札幌で開催された。高校2年で単身上京し、東京、パリ、長久手、八王子で制作してきた彼の凱旋とも言える展覧会である。67年間にわたる画業を経年的にたどりながら、東京藝術大学で伊藤廉によって絵画に開眼し、パリ時代にモーリス・ブリアンションから「より美しいものはよりシンプルなものだ」という考えや抒情性を排した構築的把握、さらに画面上での空間や色彩の均衡などを徹底的に教え込まれたこと、そして帰国後に彼の代名詞とも言える静物画がゆるやかに変化しながら「簡潔で平明な世界」へと向かう過程を見せるものであった。開催した美術館を包み込む雪景色を見て彼の造形世界に通じるものを感じた人も多かったようだが、笠井自身も自分のなかに息づく北海道的なものを感じている。透明で柔らかな光が生むグラデーションやトーンの豊かさ、雪中にも似た静けさ、そして無骨さとぶっきらぼうさ。それらが確かに作品のなかに同居していることを見出す時、笠井の芸術にとって、幼い頃に育まれた感性、学生時代や留学期の研鑽、そして飽くなき探求と成熟、どれひとつも欠くことのできないものであったと改めて思うのである。 
吉崎元章(札幌芸術の森美術館副館長)
 
略歴
1932/札幌生。57/東京芸大(伊藤廉教室)卒。59~66/滞仏、パリ国立美術学校に学ぶ。60~65/サロン・ドートンヌ(62年出品作はフランス政府の買上げとなる)、サロン・ナショナル等に出品。67/愛知芸大勤務。68~13/名古屋画廊にて個展(21回)。74~98/黎の会展。74~03/名翔会展。77~00/和の会展。82~84/国際形象展。85/立軌会同人となる。91/名古屋市芸術賞芸術特賞。96/ポメリー中部文化賞。01/安田火災東郷青児美術館大賞受賞・同記念展(安田火災東郷青児美術館)。07~09/両洋の眼・現代の絵画展。15/笠井誠一展(札幌芸術の森美術館)。現在 立軌会同人、愛知芸大名誉教授。
 
 
2015年4月7日(火)-13日(月) 巨匠にみる「絵とは何か」展No.16
2015-03-20
佐伯祐三《自画像》1917年頃作 8号
巨匠にみる「絵とは何か」展No.16
-併催:昭和世代の画家たち展-
4月7日(火)-4月13日(月)
 
2015年3月26日(木)-4月4日(土) 元永定正と「具体」小品展
2015-03-20
《作品》1962年作33.4*24.2㎝
Living with Contemporary Art -No.18
元永定正と「具体」小品展
-併催:戦後日本の現代美術-
3月26日(木)-4月4日(土)

具体時代の元永定正
 近年、国内外で前衛芸術集団「具体美術協会」(1954~1972)が注目を集めている。元永定正は1955年から1971年まで具体の主要メンバーとして活躍した。具体時代の元永は、ユーモラスな形が登場する抽象作品から出発し、50年代終り頃から1966年に渡米するまでの間、主に絵具流しの作品を発表した。ペンキ、エナメル塗料、油絵具などを傾斜させた画面に流す鮮烈な色調の作品は、彼の評価を確固たるものとした。
 絵具流しの作品は、重力のはたらきにまかせて制作されたと考えられがちだ。しかし、それは誤解である。元永は完成イメージをねってから制作にあたっていた。時に予想しない結果が生まれることもある。それが意に添わない場合、元永は何度もやり直したという。 
 大らかでユーモア豊かな元永が制作の苦心を口にすることはなかった。しかし、作品のこと、制作のことを彼は常に考えていた。絵具流しの作品も、そうした真摯な姿勢に裏づけられている。それゆえに、時代を越えて私たちを魅了しつづけるのである。 
毛利伊知郎(三重県立美術館館長)
 
略歴
1922/三重県生。55/具体美術協会会員(71退会)。64・66/現代日本美術展〈優秀賞〉。71/現代日本美術展〈京都国立近代美術館賞〉。83/第15回日本芸術大賞、第4回ソウル国際版画ビエンナーレ〈グランプリ〉。88/フランス政府より芸術文芸シュヴァリエ賞受賞。91・2009/元永定正展(三重県立美術館)。11/逝去(88歳)。
 
 
 
2015年1月26日(月)-2月6日(金) 山田光春展
2014-12-23
《顔》1964年作 3号 油彩・ガラス
山田 光春展 MITSUHARU YAMADA
-硬質な輝きに揺らめく幻想世界-
1月26日(月)-2月6日(金)

山田光春の芸術-硬質な輝きに揺らめく幻想世界
 戦前の名古屋画壇は、シュルレアリスム(超現実主義)運動の一大拠点であった。新造型美術協会などで活躍した画家・写真家の下郷羊雄、海外のシュルレアリストとの文通を通して、海外超現実主義作品展を実現させた美術評論家の山中散生をはじめとして、「ナゴヤアバンガルドクラブ」に集結した若き画家や写真家たちの活動は、東京画壇を凌駕するほどの勢力を誇っていた。
 このシュルレアリスム運動の影に隠れてしまっているが、名古屋画壇の前衛画家としてもう一人忘れてはならない存在が、山田光春である。日本で初めてアブストラクト・アート(抽象美術)を標榜した自由美術家協会の厳選で知られる第1回展(1937年)に、名古屋から唯一人、入選したばかりか、協会賞を受賞して、会友に推挙された。シュルレアリスムの刺激を感じながら、瑛九のフォトデッサンに触発された独創的なガラス絵は、硬質な輝きのなかに有機的な形態が揺らめく幻想世界を魅せてくれる。
山田 諭(名古屋市美術館・学芸員)
 
略歴
1912/愛知県小原村(現・豊田市)生。34/東京美術学校卒。37/第1回自由美術家協会展〈協会賞〉。64/主体美術協会創立会員。65/愛知県立女子大学(現・愛知県立大)教授。74/著書『藤井達吉の生涯』刊。76/著書『瑛九』刊。81/逝去(69歳)。
 
 
2015年1月6日(火)-1月16日(金) 鬼頭鍋三郎展
2014-12-23
《T嬢の像》1947年 8号
鬼頭 鍋三郎 展 NABESABURO KITO
-「知られざる作品」たち-
1月6日(火)-1月16日(金)

略歴
1899/名古屋市生。1931/光風会会員。34/帝展特選。54~55/滞欧。61,64,65,75/個展(名古屋画廊) 。63/日本芸術院会員。68/愛知芸大教授。70/光風会理事長。82/逝去(82歳)。
 
2014年11月21日(金)-11月29日(土) 遊馬賢一展
2014-09-25
《サントリーニ》80号
遊馬 賢一 展 KENICHI ASUMA
-「もう一歩先を」求めて-
11月21日(金)-11月29日(土)

「もう一歩先を」求めて―遊馬賢一展によせる
 取材中、何度か「もう一歩先を」「この奥に何か・・・」という言葉が聞かれた。穏やかで明るい画風の裏に、飽くなき探究心が背骨となって蟠踞しているのだ。かなりの一徹者である。自然と真摯に向かい合い、それを一期一会と心得て、見えるがままの自然から何を感じるのか、何が自分の美感に語りかけてくるのか、その瞬時を水彩であれ油彩であれ掴みとり、時が経て十分に醸造されて自分の感性と、そして大事なことは理性が納得できる色と形に昇華して表現する。「見て、感じ、表現する」ことは画家にとって当たり前のことではあるけれど、風景に対峙するたびに当たり前の原点に立ちかえっていることで、遊馬さんの作品が、見る者にその場に立って眺めているような臨場感をもたらせるのであろう。感性と理性のバランスが、作りものめいて見えず、自然に感入する感性と造形・構成する理性の融合・昇華が自然(対象)のリアリティを滲み出させてくるのだ。
 《サントリーニ島》は石の街である。空や光の様子から秋であろう。色彩画家と称される画家にしては色彩が乏しいと一見思われるかも知れない。しかし良く見て欲しい。櫛比する家々の白、グレーからベージュの色のニュアンスの豊かさを、そして点綴された赤、青、セピアが基調となる色の豊かさを強め、緑の木立がアクセントとなる。抑制された豊潤さ、とでも言えようか。
中野 中(美術評論家)
 
略歴
1950/埼玉県生。75/愛知芸大(鬼頭鍋三郎教室)卒。79~84/名爽会展(名古屋画廊)。81・83/セントラル絵画大賞展(セントラル美術館/銀座)。87~2012/個展12回(ギャラリー和田/銀座)。89/東海記念病院壁画制作(春日井市)。90~09/個展6回(名古屋画廊)。94~96/和の会展招待出品(和光/銀座)。96~10/光の会展(和光/銀座)。98~/笠の会展(松坂屋/名古屋)。07~/立軌展。
現在 立軌会同人。
 
 
2014年11月8日(土)-11月15日(土) 森本秀樹展
2014-09-25
《森の中の採石所》30号
森本 秀樹 展 HIDEKI MORIMOTO
-「昭和」という時代への挽歌-
11月8日(木)-11月15日(土)

没後30年伊藤廉展に寄せて
 森本秀樹が描く風景画の数々は、曾(かつ)てこの分野に新境地を切り開いた日本画家・小野竹喬の画業と並び称されるものとなるだろう。森本はこの国のさりげない風景の中にある美しさを澄んだ眼差しで掬(すく)い上げていた。これら森本の静謐な風景画の前に佇む時、郷土である宇和島を介してこの国の風土を讃える彼の想いが静かな歌となって響いてくるかのようだ。なんとそれらは懐かしさに包まれていることか。しかしながら彼の描く風景画は単なるそれではない。昨今の作品にもまま散見する「採石所」や「機関区」・「造船所」等々は人々の永きにわたる営みや汗、命を繋(つな)ぐ労働への視点が垣間見える。そして、それが潰(つい)えて行くことへの愛惜の情が惻々として心に染み入るかのようだ。森本が人生の大半を過した「昭和」とはなんであったのか。彼はそれら潰(つい)えていく風景を描くことで「昭和」という時代への挽歌を歌おうとしているのである。
御子柴 大三(美術評論家)
 
略歴
1951/愛媛県宇和島市生。71/武蔵野美術短期大卒。90/上野の森美術館大賞展(92/賞候補、93/佳作賞)。91・92/昭和会展出品。91~2006/個展(GALLERY銀座汲美/東京)。99・01/NICAF出品(GALLERY銀座汲美・GALLERY219/東京)。02/コレクターによる「ぼくらの森本秀樹展」(K`sGallery/東京)。03/森本秀樹画集刊行。05・06・08/個展(新潟絵屋)。06・08・12・14/個展(GALLERY 島田/神戸)。09・11/個展(Gallery KANI/東京)。07/森本秀樹展(東御市梅野記念絵画館/長野)。08・11/個展(名古屋画廊)。10・12・13・14/個展(ギャラリーゴトウ)。13/個展(フォルム画廊)。
現在 無所属
 
 
2014年10月30日(木)-11月6日(木)没後30年伊藤廉展
2014-09-25
《無花果と壺》1979年 墨・紙
没後30年 伊藤 廉 展 REN ITO
-西洋絵画に東洋の美意識-
10月30日(木)-11月6日(木)

没後30年伊藤廉展に寄せて
 伊藤廉著『絵の話』『デッサンのすすめ』は、世代を超えて多くの人達に読み継がれています。私もその一人で改めて美術の伝統の重みと手仕事の大切さを知りました。
 愛知芸大が開学してからは、伊藤先生のもとで更に教わる事の多い日々を過しました。新しい学園作りに献身しながら、創作にも意欲的で近辺の風景や静物画等数々の作品を残しています。西洋絵画との深い関りに東洋の美意識を加え、後期の作品にはロマネスクやビザンチンの様式も視野に入れた画境の深まりを見ることが出来ます。
 伊藤先生の評価にはまだ暫く時を要しますが、今回の展覧会は碧南市藤井達吉現代美術館の「もうひとつの『絵の話』伊藤廉」展と合わせて、先生の画業を辿る貴重な機会になると思われます。
 名古屋画廊創業者の中山一男さんと伊藤先生とは、強い信頼の絆で結ばれており、それは現社長の中山真一さんに受け継がれております。今回展覧される作品を通して、生地の名古屋で先生が創作と教育に情熱を傾けておられた頃がなつかしく思い出されます。
笠井誠一(画家・立軌会同人)
 
略歴
1898/名古屋市生。23/二科展初入選。25/東京美術学校(現・東京藝大)卒。27~30/滞欧。30/第17回二科展〈二科賞〉。31/独立美術協会創立会員(37年退会)。43/国画会会員(73年退会)。46/東京美術学校講師。54/教授。61/美術学部長。66/愛知芸大教授・美術学部長。68~82/綾杉会展(名古屋画廊)。70・77・82・89・98・2009/名古屋画廊個展。83/逝去(84歳)。
 
 
*2014年11月1日(土)-11月12日(月)
「もうひとつの『絵の話』伊藤廉展」(碧南市藤井達吉現代美術館)
 
 
2014年10月21日(火)-10月28日(火)中島佳子展
2014-09-25
《ぶどう棚風景》100号
中島 佳子 展 KEIKO NAKASHIMA
-吹き抜ける風の音-
10月21日(火)-10月28日(火)
 
ぶどう棚の連作について
 私がアトリエ近くのぶどう園を描ていたのは、1977~93年である。どこにひかれたのかと聞かれて、枝の動きが面白いとか、鉄線が美しいとか答えてはみるが、どうも的を得ない。言葉には出来ない何かが、私をひきつけていた。
そして、それは一体何なんだろうと思うことが、私に絵を描かせていたような気がする。ある時、ぶどう棚を吹き抜ける風の音であったり。またある時は、皮のむけた幹の白々とした人膚のような感触であったり、苦しみ嘆く人の姿であったり、からまり合う枝からもれる叫びであったりと、全くとりとめもなく混沌としていた。
遠くからの眺めは紬のように美しく静かだが、近くで見れば、生々しい生物のように生命感に満ち満ちていた。人間以上に人間くさい表情をしている樹なのである。
「禅と美術」これが私の卆論のテーマであった。東洋と西洋の空間感覚の捉え方の違いを追及したものである。ぶどう棚以降、制作の題材は変わっていったが、空間のこだわりは、今も変わっていないことに驚いている。
中島佳子(主体美術協会会員、風景の会同人)
 
略歴
1936/名古屋市生。59/愛知学芸大(現・愛知教育大)卒。58~61/自由美術展。74~/主体展。77~79/主体展<佳作作家>。80/主体美術協会会員。83/安井賞展<賞候補>。84/安井賞展。84~86/国際形象展。86/日本絵画代表展(モントリオール市/カナダ)。87/風景の会展会員。88/日本絵画代表展(ダンディ市/スコットランド)。89/尾張百景絵画展(名古屋城)。92/東海の作家たち展(愛知県美術館)。95・2003/現代美術選抜展(文化庁)。
現在 主体美術協会会員、風景の会同人
 
 
2014年10月6日(月)-10月9日(木)鈴木三五郎展
2014-08-31
《自画像》1921年
鈴木 三五郎 展 SANGORO SUZUKI
10月6日(月)-10月9日(木)*最終日は4時まで
 
 鈴木三五郎は、1902年(明治35)愛知県幡豆郡一色村(現・西尾市)に生まれ、愛知県第一師範学校(現・愛知教育大学)や東京師範学校(現・筑波大学)を卒業して、戦中から愛知県第一師範学校の教官となりました。その間、1933年(昭和8)帝展で初入選を果たして以来、翌34年(昭和9)の連続入選、1936~43年(昭和11~18)の新文展連続入選など中央画壇で数々の栄誉に輝いています。
 その制作は、自らを深く見つめる初期の自画像から、やがて緑をゆたかにつかった風景画や静物画など健康的で創造力あふれるものへと生涯にわたり展開されていきました。
 本展では、鈴木のそうした作品群を中心に、緑ゆたかな自然に親しみ、すぐれた芸術として制作してきたかを見るものです。
  
略歴
1902現・西尾市生。現・愛教大卒、現・筑波大卒。33・34帝展。36~43新文展。49愛教大教授。85逝去(83歳)。
<<株式会社名古屋画廊>> 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目12番10号 TEL:052-211-1982 FAX:052-211-1923